演劇的手法ワークショップとは

   sustainablefuture

          持続可能な未来へ

Coming Soon

演劇的手法ワークショップとは

 演劇的手法ワークショップとはワークショップはその始まりからある意味「演劇的」でした。ここでいう「演劇的手法」のワークショップは演劇のためのワークショップではなく、社会や組織の問題を演劇的手法によって解決するワークショップです。
 そのひとつに、社会的活動・識字活動から生まれたパウロ・フレイレのファシリテーション、ボアールの提唱した「被抑圧者の演劇」手法、「非暴力トレーニング」などもある。

  演劇的手法のファシリテーションはラテンアメリカ、アジア、ヨーロッパでは社会教育的な機能やまちづくり的な機能も持った活動としても行われています。
演劇的手法のファシリテーションにはフィリピン教育演劇協会(PETA)の「民衆演劇」手法、ボアールの提唱した「被抑圧者の演劇」手法、イギリスの「参加型演劇・観客参加型演劇」手法、日本で培われた「演劇手法」などがある。
 日本では1980年代から日本の演劇人がフィリピン教育演劇協会と交流しながら,「演劇的手法」のワークショップが行われ、世田谷パブリックシアターでは1999年から地域の物語ワークショップが行われています。
以下、ただいま準備中です。

「ものがたりからプロジェクトへ」
 自分のものがたりを理解して、他者のものがたりとコミュニケーションする。
 そのための傾聴や働きかけ、アンガーマネージメントなどのスキルを養う。
 そして、共感・信頼によって参加者が主人公になる実践の場づくりによってプロジェクトをできるようになる。
 そのためにはストーリーテーリングを習得し、表現・プレゼン力を身につけるのが共感・信頼を生み出すストーリーテーリングです。
 それをドラマティックファシリテーションとコーチングによって行います。

誰もが自分らしく生きやすくなるために、
想いをカタチにするソーシャルプロデュース(Socialproduce)のワークショップ、
大切なことを伝えるオルタナティブメディア(Alternative Media)のワークショップ、
学びを力にするための学習・教育(Education forSustainableDevelopment)のワークショップを行っています。